Informationお知らせ

SAPGUIテーブル/グリッドのスクロールキャプチャを実現する 画像・テキスト比較ソフトウェア『CP-ACCEL Ver2.0』をリリースします。

当社は、SAPシステムやWebアプリケーションなどの業務システムのテスト結果比較を効率化するソフトウェアの新バージョン『CP-ACCEL Ver2.0』を2016年6月15日(水)にリリースします。

 CP-ACCEL製品ページ : https://www.sumitem.co.jp/service/qualitycenter/cp-accel

最新の『CP-ACCEL Ver.2.0』では、既存の機能に加え、画面キャプチャのとり方や出力結果レポートの表示方法に改良を加えております。
特に画面キャプチャのとり方については、これまで対応が難しかったSAP GUI for Windows の『テーブル・グリッドの画面スクロールキャプチャ』にも対応しており、この技術に関して特許を出願中(特願2016-109242)です。

【 CP-ACCEL Ver.2.0 の新機能概要 】

<テーブル・グリッドの画面スクロールキャプチャ機能>
 業務システムの画面では、テーブル・グリッドなどが利用されますが、このオブジェクトが画面内に収まり切らず、スクロール移動を行わないとオブジェクト全体をキャプチャできない場合があります。
 従来は、スクロール移動が必要な表示部分について、自動的に画面キャプチャ画像を取得することが難しかったのですが、当社ではこの度、新技術(特許出願中:特願2016-109242)を開発し、この課題に対応しました。

<出力結果レポート表示方法の改良>
 Microsoft Excelに出力される画面キャプチャの結果レポートに関して、前バージョンでは画像の差異部分のみを強調する表示方法を採用しておりました。しかし、結果レポートを目視比較すると、差異があるにもかかわらず差異が検出されていないように見えてしまう場合がありました。
 この課題に対応するため、比較対象範囲外としてユーザが設定した範囲も結果レポートに表示できるよう、改修を行いました。

【 出願中の特許について 】

 『CP-ACCEL Ver.2.0』の新機能である『テーブル・グリッドのスクロールキャプチャ』機能について、以下の内容にて特許出願中です。
  出願番号 : 特願2016-109242
  特許出願日: 平成28年05月31日
  出願者  : 住友セメントシステム開発株式会社

 

※SAP GUI は、SAP GUI for Windows を指します。SAP は SAP AG の登録商標または商標です。
※Microsoft Excel は米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。