Service & Solutionsサービス&ソリューション

CAFMシステムのご提案

資産管理|CAFMシステム

施設、設備、機器等「ファシリティ」と呼ばれる資源は、企業経営に於いて重要な経営資源となっています。それら「ファシリティ」を最適化し、蓄積されたデータを経営戦略に反映するための問題解決が求められています。

CAFMシステム

資産管理システム「移da転@」

資産管理システム「移da転」

ICタグを利用して資産管理することにより、正確な資産情報の管理が可能となります。
簡単な什器管理からレイアウト案の比較検討(移動する什器・人の一覧表作成)まで、簡易な資産管理をサポートします。

  • AM(設備資産管理)

    AM(設備資産管理)

    設備、機器は壊れたら替えればよいといった機会損失を招くようなリスクの高い管理を行っていませんか? 管理台帳のみの属人的な管理から、電子化された情報で一元管理を行い、誰もが管理・説明でき、経営判断の根拠となる投資計画を提示できる必要があります。

  • Web展開

    Web展開

    作成したデータをSVGフォーマットに変換し、Webブラウザからレイアウト図面を参照できます。

  • BM(ビル管理)

    BM(ビル管理)

    突発的な作業(電球交換、異音、空調トラブル等)、定例的な作業(法的な点検、機器の定期点検等)は適切に管理されていますか?
    突発的な作業、定例的な作業から発生する未処理案件を適切に処理する必要があります。結果は「日報」「月報」「年報」としてオーナーに報告する必要があります。

  • PM(プロパティ管理)

    PM(プロパティ管理)

    部門、テナントに対してコスト配分は適切に行われていますか?
    共有部を含め、部門あるいはテナントの使用領域を図面上で面積案分し、コスト配分を明確にする必要があります。

BI(ビジネスインテリジェンス)

BI(ビジネスインテリジェンス)

体系的に蓄積されたデータは、分析用のデータとして長期修繕計画との対比、コストベンチマークや将来コストの予測に有効に活用できます。

BM(ビル管理)

BM(ビル管理)

◇システム構築の目的

定例的な作業(法的な点検、機器の定期点検等)の年次予定を立て、ブレイクダウンされた月次予定から作業予定を自動発生させることにより、作業漏れを無くします。
突発的な作業(電球交換、異音、空調トラブル等)を適切に管理、対応します。
情報を電子データとして管理し、結果を「日報」「月報」「年報」として帳票のみではなく、可視化された情報としてオーナーに解りやすく報告します。
「建物の情報(図面やデータ)を有効活用」し、ランニングコストを低減させます。
蓄積したデータを分析し、建物の中長期的な戦略をビルオーナーにご提案することにより顧客満足度を向上させます。
新規・既存問わず、管理物件の営業力強化、及び他社管理物件への食い込み可能な営業ツールとして利用します。

  • AM(設備資産管理)

    AM(設備資産管理)
  • 3次元活用

    3次元活用

    3次元図面にて施設を管理することにより、2次元図面では管理できなかった縦方向の情報のコントロールを可能にします。

◇システム構築の目的

設備資産情報をICタグから取り込みます。
設備に貼付けられたICタグを読み込み設備台帳を自動作成し、図面に反映します。
管理台帳のみの属人的な管理から、設備資産情報を一元管理誰もが参照できる環境を提供します。
予実績の情報を管理し、実績に基づいた計画を立てます。
中長期の予算に対し、実績を管理することにより、予実績の比較及び、次年度予算への実績の反映を行い、迅速な投資判断をサポートします。

■CAFMシステム
TEL:03-6403-7866 FMソリューション部 CAFM事業チーム