Service & Solutionsサービス&ソリューション

修理・点検・検査業務支援システム

logo1_color

メンテマスターPro事例紹介
さまざまなカテゴリーの業種でご活用頂いています。
ここでは各社様の活用事例をご紹介します。

        株式会社 平井カンパニー様 事例紹介

プロセスセンターや店舗に食肉食品加工機器を販売する株式会社平井カンパニー様、そのメンテナンス保守を担当する株式会社平井シー・エス・カンパニー様。
関東を中心に約700の店舗やプロセスセンターのメンテナンス業務を行っています。
更なる顧客サービスの向上、業務改革を目的にメンテマスターProを導入いただきました。
今回は導入を推進していただいた平井智樹社長、永二豪課長に導入の経緯や活用方法、効果などについてお話をお伺いしました。

  • service_GDMS_JIREI01
  • 左:平井智樹社長 右:永二豪課長


    システム導入のきっかけは

    平井社長:
    緊急修理の依頼は両社に連絡が入ります。受信者が修理依頼書に記入し、電話で保守担当へ伝達します。すぐ担当者につながるとは限らず、顧客への回答のリードタイムが長く掛っていました。その間に修理依頼書がたまり稀に紛失することもありました。また、営業マン1人が約100店を担当していて顧客情報をつかみきれないなど、顧客満足向上に向けた課題がありました。

    永二課長:
    修理対応以外に同じメンバーが年2回、関東地区の約700店のスーパー、店舗で定期点検サービスを行っています。機械の調整や部品交換などを行い、夕方帰社してから報告書を作成するため毎日遅くまで残業が発生していました。

    メンテマスターPro導入までの経緯

    平井社長:
    これまで社内の管理部門の業務改革をシステムの見直しで推進した実績もあり、修理・点検における業務改革を進めるにはシステム導入が不可欠と考えました。修理は、情報の伝達と共有による確実な対応。点検は、現場での情報入力により報告書作成が完結すること。 明確な目的を持ってパートナーを探しました。

    永二課長:
    何社かの提案を比較した結果、当社の色々な要望を取り入れ汎用性のある現場メンテナンスサービスの開発を目指すというスミテムの柔軟性に魅力を感じました。またサーバーを自前で用意する必要がなく初期費用を安く抑えられるクラウド型サービスというところも評価できました。 既にベースシステムがあったとのことで2014年秋ころから開発をスタート、2015年4月から修理システムの運用を始め、2016年7月から点検システムが稼働しました。

  • service_GDMS_JIREI02

    現場ではスマートフォンを利用


  • 実際に使ってみて

    平井社長:
    修理対応については、受付⇒担当者割り当て⇒修理対応⇒完了⇒修理報告書作成の進捗が「見える化」されレスポンスが良くなりました。またミスや抜けを減らすことができ顧客サービスの向上につながりました。

    永二課長:
    導入に当たっては、システムの操作に不安があり戸惑う担当者もいましたが、実際にはそれほど難しくありませんでした。これまでは誰がどこで作業しているのか作業指示者しかわかりませんでしたが、今は、いつでも確認できるので近くにいれば応援を頼むといった動きも出てきて、現場の担当者もメリットを感じています。
    点検については、これまで写真撮影はデジカメを使用し、帰社後に多くの写真を整理して報告書に貼り付ける煩雑な作業がありました。システム導入後はスマホを使い点検項目ごとに紐つけて写真を撮影すれば、自動で写真が整理され報告書に出力されるので帰社後の作業が軽減されました。あらかじめ点検項目ごとに写真の最低必要枚数を設定しておけば、必要枚数を撮影しないと作業完了ボタンが押せないので撮り忘れがなくなり作業の手戻りも減りました。
    2016年秋の定期点検からAndroid対応のアプリも加わると聞いているので一層の効率化を期待しています。

    今後の期待

    平井社長:
    点検マニュアルをオンライン化し作業をしながら標準工程を確認できれば、担当者の熟練度に左右されない点検レベルの平準化を実現できます。新人の教育などにも効果が出てくるのではないかと考えています。
    また、これからは機械の点検・修理履歴がどんどん蓄積されてくるので、例えば機械の稼働時間と故障の相関がとれれば機械が壊れる前に部品交換を行う、いわゆる予防保全につながります。
    機械カルテを作成しデータを集計すれば、商品開発にも活用できるとメーカーも興味を示していました。 スミテムはビックデータ解析などの基礎研究も行っていると聞くので、当社独自の付加価値としてデータの有効活用についてもスミテムと共に進めていきたいと考えています。

             戸建住宅建築会社 A社様 事例紹介

    戸建て注文住宅の設計・施工で実績のある建設会社様の活用事例となります。
    現場監督10名様にて、建築現場の工程品質検査・報告書作成業務にメンテマスターProをご利用頂いております。


    メンテマスターPro導入前

     注文住宅では、完成引き渡しまでに約30近い自社の工程検査を設定、実施しております。現場監督は、各種マニュアルや図面、工程表、検査表を製本し常に現場に持って行き、建築現場で検査表を見ながらの工程検査を実施します。 工程検査では、各工程ごとに品質チェック項目に基づき、目視や測定により判定を行うと共に、現場写真をデジカメにて撮影しています。多いときでは1検査数十枚の写真を撮影することもあります。
     現場での検査後帰社してから、検査結果についてEXCELの報告書に記載(転記)するとともに、デジカメの写真をPCに取込、EXCELの検査項目に対応する様写真サイズを調整しながら貼付けと、写真の検査項目名などを記入しております。
     1工程の検査報告書を作成するのに、写真が多いとき等、2時間かかることもあります。また、必要写真の撮り忘れや、どこの写真か分からなくなることもまれにありました。 特に、竣工間近になると、忙しさのあまり報告書をまとめて作成しなければならないことも多々あり、思い出しながらの報告書作成に相当な時間がかかっておりました。


    システム導入への期待

    「工程検査報告書の作成時間短縮と品質向上」
     ・工程検査報告書の作成を簡単にしたい。報告書作成時間を削減したい。
     ・現場で撮影した写真が報告書の検査項目に自動で紐付き、EXCELに簡単・正確に添付されるようにしたい。
     ・写真撮影の漏れを無くす為、必須撮影枚数を設定絵出来、必要枚数が無いと保存できない仕組みが必要。
     ・現場監督毎にバラバラであった検査項目と、現場写真の紐付き管理、及び写真の説明を統一し、誰が検査し
      ても同じように安定した検査品質を確保したい。

    「検査予定の物件の進捗状況の一元化」
     ・現場監督からの報告がなくても管理責任者は、事務所で案件単位の進捗管理を行いたい。


    メンテマスターPro導入後

     ・工程検査報告書の作成がEXCELで簡単に作成出来るようになった。
      報告書作成のための残業時間が大幅に削減できるようになった。
     ・現場で検査項目ごとに撮影した写真が、検査項目と紐づきで保存され、自動でEXCELの報告書に添付貼付け
      出来、不明な写真や添付間違いが無くなった。
     ・検査項目ごとに最低限必要な枚数が定義出来るので、写真の撮り忘れが無くなった。
     ・是正事項の前後の写真も自動で報告書に添付可能となり、後から是正前後の作成手間が無くなった。
     ・検査項目、紐づく現場写真、写真説明が統一化され、だれが行っても同じように検査、報告書作成が行えるよ
      うになった。
     ・現場写真の枚数が多くても、ボタン一つでEXCELの報告書が作成可能となり、検査判定の記録としてより高い
      品質が保てるようになった。また、施主への検査報告書として信頼のおける検査報告書を提示出来るようにな
      った。

     今後は、若手監督や新入社員等、現場経験が浅い写真への共通の教育ツールとしても活用し、益々の品質向上に役立ててゆきたい。


    「工程検査報告書作成の時間短縮と、品質向上を実現!」


    (点検アプリ画面)

    戸建てアプリ1 戸建てアプリ2

             ビル清掃管理会社 B社様 事例紹介

    ビル清掃管理業務(インスペクション業務)を提供する会社様の活用事例となります。
    オフィスビル、商業ビルなど様々な形態のビルの清掃管理業務を行っています。


    メンテマスターPro導入前

     インスペクター(検査員)は、定期清掃の立会、巡回点検など一人で約30棟の管理を行っていました。 それぞれの担当者がスケジュール調整を行い現場立会い、巡回点検を実施し帰社後に写真整理、報告書作成など残業の発生要因となっていて業務が滞ることもあり、報告書の書式も統一されておらず担当者ごとに検査品質のばらつきがありました。 また、各担当者の業務の進捗状況が管理者と共有されておらず業務に漏れがあると最悪の場合、契約不履行問題に発展することが懸念されていました。


    システム導入への期待

    「現場での点検実施から報告書作成の作業を自動化し残業の軽減を図りたい」

    「インスペクター個人の情報から、管理者、営業担当者との情報共有したい」

    「報告書の書式を統一し、インスペクション業務の品質向上を図りたい」

    「スケジュール管理で計画的、効率的な業務の実施したい」

    「インスペクションの実施によって品質を付加価値とし顧客満足向上につなげ競合社との差別化を図りたい」


    メンテマスターPro導入後

     メンテマスターProの導入により、インスペクターの稼動状況を「見える化」する事ができました。 これによりインスペクション情報を組織で共有でき、月1回の点検などの見落としがちな点検の漏れが無くなりました。
     現場ではスマートホンアプリで点検データを入力、同時に点検項目ごとに写真を撮影できるので、帰社後の写真整理の必要がなくなりました。また、巡回報告書は自動で作成されるので報告書作成による残業時間が大幅に軽減されました。各々で作成していた点検表を社内で統一し、品質と工程を標準化できました。
     点検結果は、システムで一元管理されているので管理者が進捗状況の確認を行ったり、巡回報告書を営業担当者が出力し顧客に届けるなど業務の連携がスムーズになりました。


    「個人管理だったインスペクション情報が一元化され、点検業務の品質向上と統一が実現出来た。」


    (出力点検帳票)

    清掃管理票

    (点検アプリ画面)

    清掃アプリ1 清掃アプリ2

    「メンテマスターPro」お問合せ・体験版のご案内

    ロゴ
    電話ロゴ 電話番号

    30日無料体験版のご案内

    機能を全て無料でご利用できる体験版をご用意しております。
    まずは貴社の業務で活用できるか実際にお試しください。下記よりお申込み下さい。

    体験版のお申込はこちら

    詳細はこちら                            資料ダウンロードはこちら (PDF)

    メンテマスターPro商品サイト メンテマスターProリーフレット
    ■修理・点検・検査業務支援システム
    TEL:03-6403-7868 クラウドソリューション部